この街角で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンビニ

sunset_in_a_town




僕は、多分、疲れていた。
連日、深夜まで残業し、その上、家でも持ち帰った資料に目を通した。
朝になると、早朝の満員電車に揺られて会社に向かった。

ふと、「何をしているんだ。」そんな声が湧き上がった。
ずっと蓋をして気付かない振りをしていた壺の中から、反響して響いてくるような声だった。

それでも、僕はその声を無視する事にした。
僕は、忙しかったのだ。
余計な悩みはもう抱えたくない。
"無理しているんじゃないか" なんていう迷いに向き合う時間すらなかった。

長年付き合っている彼女とも、別れるでもなく、進むでもなくそのままだった。
彼女がいい年になっているのは知っていたし、いつかは結婚するつもりでもいたが、今は具体的に話を進める余裕は無かった。
いつしか彼女も、その事を話題にするのはやめていた。

僕はまるで、現状を維持する為だけに走り続けている、回し車の中のリスのようだった。
カタカタと回し車が回る、その音には耳を傾けずに走り続けた。


ある日、久し振りに仕事が早く終わり、いつもよりも大分早く、夕方に帰れる事になった。
彼女と駅で待ち合わせ、一緒に僕の家に行く事にした。

待ち合わせの時間通りにやってきた彼女は、いつものようににこやかだった。
だけど、僕は一瞬、妙な違和感を覚えた。
それが何なのかは分からない。

久し振りに会うせいなのかも知れない。

いつものように、他愛も無い会話を交わしつつ、並んで歩く。
いつもと変わらないはずなのに、なぜか僕と君の間に薄い膜があるような気がする。
疲れのせいなのだと思った。

交差点で、いつものコンビニに入った。
ここで、僕の違和感は跳ね上がった。
何かがおかしい。

そう言えば、このコンビニは、いつも少しおでんやホットメニューの入り混じった匂いがして、僕はそれが嫌いだった。
なのに、今日はそれがない。
いつも通り、レジの脇にはおでんもあるのに。

僕は、妙な胸騒ぎがして、店の外へ飛び出した。
すると、見慣れたはずの風景が、いきなり僕にはよそよそしく感じられた。
行き交う人々、町の喧騒、変わらないはずの景色に、そこに感じるはずの「生の空気」のような物が感じられない。

ふと気付くと、真後ろに彼女が立っていた。
気配もなく。
僕は、驚き、飛び退った。
彼女は、驚いた風もなく、「あなたの好きなお弁当も買ったわ。帰りましょう。」と微笑んだ。
それは、僕の知っている彼女ではなかった。
外見は同じでも、心を交し合った、あの彼女とは思えなかった。
いや、全くの別人だった。


その時、僕は、ここが僕の世界ではない事を確信した。

 . . .

これは、何なんだ。
この世界は、僕の知っている世界ではない。
良く似ているけど、面倒くさくて暑苦しく、それでいて愛しい、あの世界ではない。
そんな想いが込上げてきた。

一体、ここは、どこなんだ?!


その時、あの壺の中からのような声が頭に響いた。
「望んだ世界はここじゃないのか。」


現状を維持する事だけを考えていた。
このまま何も迷わずに毎日を過ごす事だけに目を向けていた。

でも、迷いも悩みもあってこそ、生きているのだと思った。
こんな物は、僕が望んだものではない!

 . . .

耳元で大きなクラクションが鳴り、僕は腕を強く引かれ、後ろへ倒れた。
呆然としている僕を、君が怒鳴りつけた。

「ふらっと車道へ出るなんて、何やってるの!轢かれるところだったわよ!」

それは紛れもない、いつもの君だった。
そして、僕は辺りを見回し、いつも通りの僕の世界だと確信した。
煩わしくも、温かい、面倒くさい事だらけの、僕の世界だ。

僕は立ち上がり、君を抱きしめた。
君は、訳が分からずにうろたえ、「人が見てる。」と言った。
僕は構わず、両腕に力を込めた。





+ ランキングに参加しています +

  e_02.gif
  banner_03.gif
  2つのランキングに参加しています。
  応援のクリックをして頂けると、とても励みになります。








スポンサーサイト
  1. 2007/07/27(金) 18:47:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:6
<<歯医者 | ホーム | ドライブ>>

コメント

おもしろいです。
迷い込んでしまったもう一つの世界が少しだけしか見えない所に想像が広がります。
異界の様子が視覚ではなく、臭覚や皮膚感覚のようなものだけで書かれているだけに、本能的な怖さが伝わりました。
  1. 2007/07/30(月) 15:52:20 |
  2. URL |
  3. きたざき #gbMO5qNg
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
すごく正直に言うと、このお話に関しては、迷いも不安も大きかったので、
面白いと言ってもらえて、心底ほっとしました。
きたざきさんの感想が、まさに意図していた事なので、その事もすごく
嬉しく思っています。
書いて良かった、と思いました。
こうして、読んで下さる事、感想を聞かせて下さる事、とてもとても感謝して
います。
  1. 2007/07/31(火) 03:00:36 |
  2. URL |
  3. air #DEh53EN.
  4. [ 編集]

歯医者も面白かったですが、こちらも不思議な雰囲気がよく出ててますね。
ふと、デジャヴとか、逆に時間が抜けてるような感覚を持つことありますが、この話は異世界の感覚ですね。

よかったです。ポチッと。
  1. 2007/09/30(日) 10:46:29 |
  2. URL |
  3. 銀河系一朗 #-
  4. [ 編集]

> 銀河系一朗さん

ありがとうございます。
よかったと言って頂けて、とても喜んでいます。
デジャヴを感じたり、また逆によく分からない違和感を感じたり、そんな経験
ありますよね。
そのちょっとだけ不思議な感じ、その延長にあるお話なので、それを感じて
頂けたようで、嬉しく思っています。
歯医者も面白かったとの事、本当に嬉しいです。
最近、更新が滞っていましたが、またお話を書きたいとモチベーションが
湧いてきます。
心から、ありがとうございます。
  1. 2007/09/30(日) 18:28:15 |
  2. URL |
  3. air #QRxYfbDY
  4. [ 編集]

静 夜
  1. 2008/01/27(日) 21:39:12 |
  2. URL |
  3. chendong #-
  4. [ 編集]

> chendong さん

こんばんは、はじめまして。
先ほどブログを拝見してきました。
印象的な写真が多く、楽しかったです。
Thank you for your comment.
Your photographs are so nice !
  1. 2008/01/27(日) 23:50:20 |
  2. URL |
  3. air #QRxYfbDY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:air
写真と音楽、美味しいものが大好きです。

・ランキングに参加しています ・

e_02.gif

banner_03.gif

2つのランキングに参加中です
応援クリックしてもらえると励みになります

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。