この街角で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秘密の塔

night


山間の小さな小さな村の外れに、その村で 1番高い塔は立っていた。
おじいさんに聞いても、そのまたおじいさんに聞いても、一体何の塔かは分からない。
「わしが小さな時から、そこに立っておったでな。」
村のどんな年寄りも一様にそう言うばかり。

ある年、都会へ出て行った村の青年が、村にひょっこり帰ってきた。
都会で技師になった青年は、村の外れにあった塔の事が忘れられず、仕事を辞めて帰ってきたのだ。

青年は塔をくまなく調べ、何度も測量をし、難しそうな計算を繰り返した。
そして「そんなはずはない。」「だがしかし・・・」いつも独り言を言って歩いていた。

青年は遠くぼんやりと空を見上げて過ごす事が多くなった。
自分の考えとその非現実性の間でいつも揺れ動き、風に流される雲を見つめて長い時間を過ごすようになった。

都会から青年に付いてきた恋人は不安になった。
何を悩んでいるのか、聞きたがった。

青年は悩んだ末に、夏のある日、星がたくさん流れる夜に恋人と丘に座り、静かに語り出した。

 あの塔は、もう何年も何十年も、いや、ひょっとしたら何百年も前に
 建てられたものだ。
 だから、そんな事はある訳ないんだけど ―

青年は、言葉を区切り、心を落ち着けるように、深く息を吸った。

 あの塔は、宇宙へ旅立つ為の発射台だったとしか、僕には
 思えないんだ。



小さな小さな、誰も訪れないような小さな村のお話です。


 * * *

今夜はペルセウス座流星群。
残念ながら、私の住む街では天気が悪くて見られそうもありません。

そちらは、どうですか?


長らく休眠していましたが、星降る夜に久し振りのご挨拶を。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/12(月) 20:32:29|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

Author:air
写真と音楽、美味しいものが大好きです。

・ランキングに参加しています ・

e_02.gif

banner_03.gif

2つのランキングに参加中です
応援クリックしてもらえると励みになります

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。