この街角で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆転ホームラン

□ このお話は、レイバックさん主催の第二回短編競作企画に参加しています □

  「チョコレート」「猫」「携帯電話」というお題を盛り込んだ短編を競作するという企画です。

  詳しくは、レイバックさんのブログ、「ショートショート風呂」の
  「第二回競作企画発表」をご覧ください。




----------------------------------------------------------------



携帯の液晶を眺め、溜息をつく。
さっきから、何度目だろう。

部屋の片隅で、ブランケットにくるまり、動けずにいる。
真っ暗な部屋の中で、携帯のサブディスプレイだけが光る。

傍らに置いてある携帯。
鳴ればすぐに分かる。
鳴らないという事は、電話が掛かってきてないという事。
知っているのに。

それでも、開いて液晶を確認してしまう。
そして、また落胆する。

 "ねえ、今日は電話してって言ったよね?"

のろのろとマグカップを引き寄せ、冷めかかったホットチョコレートを啜る。

「落ち込んだ時には、甘いものだよ。糖分が元気をくれるんだよ。」

そんな事を誰かが言ってた。
ウソばっかり。
元気なんて、1mm だって湧いてこない。

私は、彼からの電話を待っている。
いつも、約束を守らない彼。

電話すると言ったのに、掛かって来ないなんて、日常茶飯事。
それどころか、一緒に出掛けようって、この日は空けておいてって、自分で言ったくせに、忘れる事もしばしば。

私の事を好きだと言うけれど、不安ばかりが大きくなっていた。

 "あなたは、私を必要としているの?"

そんな余計な疑問が、ぐるぐる頭の中を駆け巡る。
もう別れちゃおうかな、そんなこと出来ない、・・・気持ちはぐらぐら行ったり来たり。

そんな事を悩み続ける日々に嫌気が差して、私は 1つの決心をした。


 . . .


今日は、バレンタイン。
それなのに、彼はバイト。

「苦学生だからね、いつ休みたいなんて、贅沢言えないんだ。」

すまなそうに言う彼に、私は微笑み、言ってみた。

「うん。分かった。でも、バイトが終わったら絶対にその日のうちに電話して。」

そう。
今日は、賭けている。

今日、彼がまた、電話すらして来ないようなら、もう、別れる。
大好きだけど、無理して付き合ってもらいたくなんて、ない。
それは、ササヤカな私のプライドだ。


 . . .


そのまま、どれくらいの時が過ぎただろう。

時計を見ると、11時半を回っていた。
ああ、やっぱりダメだったんだ。
そう思うと、涙が零れた。

真っ暗になった部屋にいるのも嫌になって、電気を点けた。

やっぱり、この賭けは、負け試合だったんだね。


 . . .


みゃおん。

窓の外から猫の鳴き声がする。
そして、何かが窓に当たる音。

あれ?
ナナは散歩から帰ってきて、下のリビングで寝ていた気がするけど。

いつもはリビングの窓から出入りをしている飼い猫のナナ。
夜中に出掛けたくなった時、家に入りたくなった時だけ、私の部屋の窓を使う。
就寝が早い両親は、もうとっくに寝ているからだ。

仕方ないな、と窓を開けた。


 . . .


「ごめん。」

彼が何度も言う。

私は、すっかり冷え切った彼の手を握り、無言で首を振った。

窓の外には、猫ではなく、彼がいた。
静かに、私の部屋へあがってもらった。

バイトが終わり、電話しようとしたら、料金未払いで携帯が止められていたらしい。
公衆電話から掛けようにも、私の携帯は、発信元が分からない電話や公衆からの着信は拒否にしてある。

仕方がないので、家まで来たけど、私の部屋の電気が消えていたので、帰ってくるまで待とう思ったらしい。

「まだ帰ってないと思っていたら、急に電気が点いたから、焦ったよ。」
彼は鼻の頭を赤くして、そんな事を話し続ける。

「こんな時間に呼び鈴鳴らす訳にもいかないしさ、猫の鳴きまねしたり、小石を投げたり、もう必死。」
ははは、と笑ったあと、ふっと真顔になった。

「・・・それに、どうしても、これを今日中に渡したくて。」
小さな包みを取り出す。

「バレンタインって、男が好きな女にプレゼントしたっていいんだろ。」
ちょっと照れたように言った。

ふと、時計を振り返ると、11時57分。
電話じゃなかったけど、これ、OK にしちゃっていいかな。

「うん。今日中に間に合ってよかった。本当に。」
これは、私の心の底からの本心だ。
今日中に、間に合ってよかった。
私の中の賭けの点でも。
そして、用意していたチョコレートを彼に渡せる点でも。

「ごめんな。待つってこんなに辛いんだな。今まで、ごめん。」
私の差し出したチョコレートを受け取りつつ、彼が言った。

今度は嬉しくて、涙が零れた。


 "ああ、これは、逆転ホームランって事で、ハッピーエンドって事で、いいんだよね?"

私は、泣き笑いの顔のまま、彼に頷いた。







+ ランキングに参加しています +

  e_02.gif
  banner_03.gif
  2つのランキングに参加しています。
  応援のクリックをして頂けると、とても励みになります。



スポンサーサイト
  1. 2008/02/14(木) 18:52:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:21

プロフィール

Author:air
写真と音楽、美味しいものが大好きです。

・ランキングに参加しています ・

e_02.gif

banner_03.gif

2つのランキングに参加中です
応援クリックしてもらえると励みになります

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。