この街角で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バベルの塔

white_birch




晴れた昼下がり、君と散歩に出掛けた。
日差しの柔らかい、春の事だった。

君はいつものように、僕の数歩前を歩く。
元気よく。

少なくとも、僕はそう思っていた。
いつもと変わらない午後の風景。

でも、その時の君の歩みは元気が良かった訳ではなく、怒りの為に勢いが良かったらしい。
しばらくして、振り向いた君の顔、そして放たれた言葉は、驚くべき物だった。
そう、少なくとも僕にとっては。

これまで通じ合っていた思っていた気持ちが、イキナリすれ違う。
君の言葉は、宇宙人の喋る言語の如く、理解が出来ない。

アナタハイツモミガッテネ。
ワタシノキモチナンテ、ドウデモイインデショウ。

そして、僕の喋る言葉も空回りをするように、君には届かない。

僕は、バベルの塔を思い浮かべる。
天にも届く塔を作ろうとした思いあがった人間達に、神様が下した罰の事を。
別々の言語を与え、意思の疎通を出来なくした事を。

僕と君の距離は、1億光年くらい離れてしまった。
それも、突然に。

僕は、君の事が好きだった。
何よりも大事だった。
でも、失ってしまったのは、きっと僕にも原因があるのだと思う。
僕は、1人で今もその原因を探している。
いつか、絶対に探し当てる。
そして、もう1度君に会いに行く。
君がどう思おうと、僕は君が好きだった。
そして、今でも。

きっと、失ったものは取り戻せない。
でも、君の中の何かを欠けさせてしまった理由を知りたい、そして、出来るなら、その穴くらいは埋めさせて欲しい。
それが、今の僕のささやかな願いだ。





+ ランキングに参加しています +

  e_02.gif
  banner_03.gif
  2つのランキングに参加しています。
  応援のクリックをして頂けると、とても励みになります。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/17(日) 02:37:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

Author:air
写真と音楽、美味しいものが大好きです。

・ランキングに参加しています ・

e_02.gif

banner_03.gif

2つのランキングに参加中です
応援クリックしてもらえると励みになります

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。